マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】デリカフーズホールディングス—「とんでんベジブロス」を共同開発

2022年6月21日 18:44

デリカフーズホールディングス<3392>は20日、とんでんと廃棄予定の野菜の端材を使用した、飲むひと口野菜だし「とんでんベジブロス」を共同開発したと発表。

日本では、不可食部分を含む事業系食品廃棄物が年間1,756万トンに及ぶなどフードロスが問題となっている。
同社では、カット野菜の加工時に出る野菜残渣の半分以上を堆肥化等して環境保全に取り組んでいる。しかし廃棄を完全にゼロにすることは非常に難しく、東京本社工場では、年間約280トンの野菜の端材が廃棄となっていることが実情となっている。
この廃棄される野菜の端材は、新鮮な野菜の皮や葉等、栄養価が高い部分の端材も含まれ、その端材を通常の商品と同じように汚れを取り除いて有効活用し、更なるフードロス対策に繋げられないかという両社の想いが一致し、「とんでんベジブロス」の共同開発が実現したという。

「とんでんベジブロス」で、年間約10トンの端材の使用予測を立てており、その量は大根に換算するとおよそ1万本分に相当する。
両社は今後も廃棄野菜等を利用した商品開発に共同で取り組み、フードロス対策をさらに進めていく予定としている。

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。