マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY株式:NYダウ641ドル高、景気後退への懸念が緩和

2022年6月22日 7:00

米国株式市場は上昇。ダウ平均は641.47ドル高の30530.25ドル、ナスダックは270.95ポイント高の11069.30で取引を終了した。値ごろ感からの買いや海外市場の流れを受けて、寄り付き後、上昇。バイデン大統領が「景気後退は避けられる」との考えを示したため、景気後退への脅威も緩和し、終日堅調に推移した。セクター別では、特に、自動車・自動車部品やエネルギーが上昇。

シリアルなど製造する食品メーカーのケロッグ(K)は週末に会社組織を3分割し菓子事業、シリアル事業、植物由来の原料を用いた代替肉生産事業に分割し独立企業とし効率化を図る計画を発表し、買われた。検察のグーグルを運営するアルファベット(GOOG)は動画配信のネットフリックス(NFLX)と、広告事業で提携を打診したとの報道が好感され上昇。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)はマスクCEOが値上げにもかかわらず需要が依然強いことを確認したため上昇した。また、電子署名のドキュサイン(DOCU)はスプリンガー最高経営責任者(CEO)が辞任を発表し、上昇。ディカウント小売りのターゲット(TGT)はCEOがNYエコノミッククラブでの講演で、消費に大きな不透明感があるとの懸念を表明も、下半期の強い業績見通しを再確認したため、大幅高となった。燃料会社のダイアモンドバックエナジー(FANG)は、役員会が株主還元策の拡大を承認したことが好感され、上昇した。航空会社のスピリット(SAVE)は、同業ジェットブルー(JBLU)が同社に対する買収価格を引上げたため上昇。一方、パーソナルケア製品メーカーのバス・アンド・ボディワークス(BBWI)はインフレ圧力が強まったほか、新型コロナパンデミックの特需の大幅後退で、売られた。

リッチモンド連銀バーキン総裁はインフレを弱める緊急性が高く、経済を損ねずに政策金利を可能な限り速く正常化させることが必要との考えを示した。同総裁は22年のFOMC投票権を持たない。

Horiko Capital Management LLC

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。