マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(2):◆中国情勢の落ち着きは持続するか◆

2016年10月23日 9:50

〇「どっちもどっち」に変節点接近、製造業見直しは持続するか〇

東証33業種別株価指数の前年比騰落率を見ると、証券・商品先物-31.9%、電力・ガス-30.2%、銀行-28.8%、空運-27.4%、不動産-27.3%、海運-23.7%の6業種の不振が目立つ(TOPIX-10.2%)。いずれも非製造業だ。6ヵ月前比で見ると(TOPIX-0.65%とほぼ横ばい)、非鉄、機械、電気機器、その他製品などが二ケタ上昇で、「製造業の復権」色が出ている。

ドル円が前年比-12.8%、半年前比-4.3%なので、為替分を除くと日本株は小幅上昇にある。皮肉な事に、上海総合指数の1年前比-10.3%、半年前比-1.2%と最も近似している。「復権」と言うのは大袈裟だが、製造業の懸念が和らいでいるのは、為替の安定化(円高懸念の一服)が大きいと見られるが、米大統領選が3週間後に迫り、「どっちもどっち」(どちらにも与したくない)とされた戦いに一定の方向性が出る(世界経済の混迷要因が薄れる)ことを期待していることも考えられる。設備投資など企業が動き易い環境を期待、最近の日本企業の活発なM&Aや設備投資計画は、その表れと受け止める動きだ。

米大統領選と並ぶぐらいの「どっちもどっち」態勢だった中国情勢も来週の六中全会(共産党大会)で当面のヤマ場を迎える。日経新聞が「習近平の支配」シリーズを始め(本日2回目)、その攻防点を紹介しているが、今年前半は「ゾンビ企業一掃」の改革派と「失業増を招かない穏やかな改革」の穏健派の鬩ぎ合いが、腐敗追及の権力闘争となり、厳しかった。ただ、夏場以降、自動車減税の奏功で自動車販売が増加、日本車が恩恵を受け、本日のホンダの新工場投資再開ニュースにつながっている(集計はしていないが、日本企業の中国投資の動きは増えているように思われる)。

「習近平の改革」が大流だとしても、「大国の夢」を掲げる目標は空洞化しやすい。14日付ロイターは「遠のくサッカーW杯、中国の野望に冷や水」との解説記事を掲載。サッカー好きの習近平が目指す大国は程遠い状況を示した。国営の環球時報ですら「巨費を投じた国内サッカーの表面的な繁栄は偽りのバブルであり、狂気の資本と人材輸入によって膨らませたもの」と批判していると言う。国内だけでなく昨年末から既に30億ドル投資したと言われる海外サッカー市場への投資熱も冷めつつあるとされる。

習主席は最近、カンボジア、バングラデシュ、インドでのBRICs会議と回り、本日はフィリピンのドゥテルテ大統領を迎える。活発な周辺外交を展開しているが、その攻勢はあまり話題になっていない。むしろ、香港で「香港を乱す災いの元凶」として、党内序列3位の張徳江常務委員(全人代委員長)が親中メディアから連日の糾弾を受けたことが話題だ。9月末から10月初めに報道されたが、習執行部の許可がないと行えないものとして注目されている。来年の大人事異動の前に失脚する可能性があるのか、上海閥代表とされる張氏の動静が注目される。

年初来の高値圏にあった香港ハンセン指数は先週約3%下落、週明けの17日も0.84%下落した。高値圏の保ち合いを下離れる気配にある。米国の利上げ観測、中国の不動産低迷、マカオのカジノを代表に中国観光客の空振り、大陸投資家の投資急減などが要因に挙げられている。香港市場をウォッチしながら、中国情勢の落ち着き持続性を測ることになろう。

以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(16/10/18号)

<WA>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。