マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】3Dマトリック Research Memo(2):17/4期1Qは全社的に効率化を進めたことで研究開発費等は減少

2016年10月24日 7:36

■業績動向

(1) 2017年4月期第1四半期の業績概要

9月14日付で発表されたスリー・ディー・マトリックス<7777>の2017年4月期第1四半期の連結業績は、事業収益が前年同期比82.7%減の8百万円、営業損失が397百万円(前年同期は519百万円の損失)となった。事業収益の内訳を見ると、製品売上高は前年同期の15百万円から8百万円に減少したほか、前年同期に30百万円を計上したライセンス収入がなくなったことが減収要因となった。

費用面では、研究開発費が前年同期比46百万円減少の120百万円、販管費が同73百万円減少の279百万円となった。研究開発費は開発テーマの優先順位付けを行い、グループ会社間での試験データの共有化も行うなど、全社的に効率化を進めたことが減少要因となった。また、販管費についても委託報酬費用を中心に経費抑制に取り組んだことで減少した。この結果、営業損失は前年同期から121百万円縮小したが、営業外で為替の円高進行による為替差損125百万円(前年同期は為替差益43百万円)を計上したことにより、経常損失は同46百万円増の522百万円となった。また、特別損失として減損損失30百万円を計上したことにより、親会社株主に帰属する四半期純損失は同96百万円増の548百万円となった。

なお、第1四半期における事業収益計画は24百万円であったが、主に欧州、アジア・オセアニア地域における止血材の販売が下振れ要因となっている。欧州については、医療施設における製品導入姿勢が慎重であったこと、アジア・オセアニア地域については、オーストラリアの販売パートナーであるMaquet Australia Pty Ltd(以下、Maquet社)向けやインドネシアのPT.Teguhsindo Lestaritama(以下、Teguhsindo社)向けが在庫消化の遅れにより当初計画していた出荷が第2四半期以降にずれ込んだほか、シンガポールやマレーシア向けの出荷も同様に第2四半期以降にずれ込んだことが要因となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<TN>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。