マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】外国人投資家が買いに転換か

2016年10月24日 8:00

外国人投資家は今年に入ってから9月まで実に約7兆円も日本株を売りまくった。これはリーマン・ショック時に並ぶ史上最高レベルの売りだった。要因はチャイナショックやブリグジットショックなどによりリスク回避の動きが重なったことや、円高に振れたことにより日本企業の業績へ懸念が高まったことが挙げられる。アベノミクスへの失望を挙げる向きもある。
 日本株は外国人の売買比率が約6割、保有比率も約3割となっており、外国人投資家の動向が及ぼす影響は大きい。今年に入って日本株が軟調に推移してきたのは外国人の売りの影響といえる。
 ただ、ようやく少し風向きが変わってきたようだ。東証の売買動向によると、海外投資家は10月に入って第1週には先物と現物あわせて7659億円、第2週には同1774億円と2週連続して買い越しに転じている。逆に個人や国内金融機関等は2週連続の売り越しが目立ち、外国人の一手買いの様相となっている。
 日経平均株価もいわゆるダブルボトムを形成しつつあり、強含んでいる。先週の金曜日には引け際に鳥取で大きな地震が起こり、日経平均株価は終値で前日比マイナスに沈んだが、地震がなければ17200円~17230円程度で引けた公算が大きい。いつの間にか、ブリグジットショック前高値17572円(4/22)にかなり接近してきた。
 外国人投資家は一度トレンドが発生すると売り買いが続く傾向が強いと言われているので、今週・来週の売買動向は非常に注目される。
 なお、日銀の通常のETF買いは10月に入って1日しか実施されておらず、年末に向けてこちらの枠も十分残っている。むしろ、枠を消化するためには、前場のTOPIX終値が前日比プラスでも買いに入らなければならないかもしれない。買い支え効果がより発揮される状況になっているといえよう。

<YU>

fisco
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。