マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】原油市場に対して強気な見方も一考か、サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2016年10月25日 12:04

こんにちは、フィスコリサーチレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。

NY原油が10月24日夜の電子取引で一時50ドル割れし、49.6ドル付近まで急落しましたね。しかしすぐ値を戻しました。

松永さんによると『昨夜のNY原油の電子取引は、50ドルの大台割れでは買い人気が高まった模様』とのことですが、急落の原因については『昨夜のNY原油は、英北海沖のバザード油田の生産再開を控えて一時2%ほどの急落となりました。英北海沖のバザード油田は、1ヶ月にわたるメンテナンスを終え、25日か26日に生産を再開する見込みとなっております』と解説されています。

ウィーンでは今週末に産油国会合が開催される予定となっています。この会合を控えてOPEC加盟国やロシアの要人発言が増えていますが、『ロシアのノバク・エネルギー相は24日、「短期的な措置なら、産油量を制限することで市場をより安定化させられる可能性がある」と述べ、減産に前向きな発言を行いました』とのこと。

また、『OPECのバルキンド事務局長は24日、「ロシアとOPECはともに安定的で予測可能な市場にコミットしている」と述べております』とのことです。

『一方、イランのザマニニア石油次官は24日、「増産凍結に参加するよう他のOPEC加盟国に呼び掛ける用意がある」と述べております』とのことで、『ウィーンで今週末に開催される産油国会合を前にしてOPEC諸国の減産への意思の統一を図る動きも活発化してきた模様』だと松永さんは見ておられます。

そして『こうした動きを背景に、原油市場に対して強気な見方も一考かもしれません』とおっしゃっていました。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の10月25日付「原油市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 三井智映子

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。