マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】25日の米国市場ダイジェスト:ダウは53ドル安、7-9月企業決算の内容まちまち

2016年10月26日 7:36

■NY株式:ダウは53ドル安、7-9月企業決算の内容まちまち

NYダウ       ナスダック
終値 :18169.27  終値 :5283.40
前日比:-53.76    前日比:-26.43
始値 :18206.52  始値 :5306.47
高値 :18241.69  高値 :5310.27
安値 :18151.70  安値 :5278.57

25日の米国株式相場は下落。ダウ平均は53.76ドル安の18169.27、ナスダックは26.43ポイント安の5283.40で取引を終了した。朝方発表された企業決算の内容がまちまちとなり、主要企業の業績動向を見極めたいとの思惑から売りが先行。取引終了後に時価総額最大のアップルの決算が予定されており、手控える向きも多かった。8月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数は市場予想を上回ったものの、相場の反応は限定的だった。セクター別では、家庭用品・パーソナル用品や公益事業が上昇する一方で耐久消費財・アパレルや商業・専門サービスが下落した。

事務用品などのスリーエム(MMM)は決算で通年の利益見通しを引き下げ下落。家電のワールプール(WHR)は売上・利益とも予想を下回り売られた。アパレルのアンダーアーマー(UA)も慎重な業績見通しを示し軟調推移となった。自動車のゼネラル・モーターズ(GM)は予想を上回る決算を発表したものの、欧州事業の先行きに慎重な見方を示したことが嫌気されて下落。一方で製薬のメルク(MRK)や家庭用品のプロクター&ギャンブル(PG)、航空宇宙のロッキード・マーチン(LMT)などが予想を上回る決算を発表して上昇。

マーケット終了後に携帯端末のアップル(AAPL)が発表した決算は、一株利益やiPhone販売台数は予想を上回ったものの、売上高は僅かに下振れた。10-12月期に強気の見通しを示したことが好感されているものの、時間外取引では小動きとなっている。

Horiko Capital Management LLC

■NY為替:米経済指標悪化も年内利上げ織り込むドル買い継続

25日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円87銭まで上昇後、104円12銭まで反落し、104円23銭で引けた。ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が米ウォールストリートジャーナル紙とのインタビューで、「12月FOMCは利上げに理想的な時期である可能性がある」と答えたことや、予想を上回った米住宅価格関連指標を受けて年内利上げを織り込むドル買いが広がった。しかしながら、この日発表された10月米消費者信頼感指数が悪化したことを受けてドル買いは一服。原油先物の下落や株安を嫌ってリスク回避の円買いがやや優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.0851ドルへ下落後、1.0905ドルまで上昇し、1.0889ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は講演で、金融緩和策の維持を公約したためユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、113円91銭へ上昇後、113円40銭へ反落。

ポンド・ドルは、1.2226ドルから1.2083ドルまで下落した。英国のハモンド財務相の発言「英国のEU離脱交渉において、経済だけが協議を決定づけるとは確信できない」がハードBREXIT懸念を強めポンド売りが加速。その後、カーニー英中央銀行総裁が証言で、次回会合での政策決定にポンド安を考慮する方針を示したため、ポンドの買戻しが強まった。ドル・スイスは、0.9999フランへ上昇後、0.9933フランへ反落した。

■NY原油:続落で49.96ドル、原油大国の相次ぐ消極発言を受けて

NY原油は続落(NYMEX原油12月限終値:49.96↓0.56)。高値は23時01分の50.57ドル、安値は0時05分の49.78ドル。ロシアの対石油輸出国機構(OPEC)代表のボロンコフ氏が「(減産に関して)我々の選択支ではない」と発言したもよう。前日には、OPEC加盟国で第2位の産油国であるイラクが減産に慎重な姿勢を示していただけに、非OPEC加盟国最大の産油国であるロシアの消極的な動きが売り材料となった。時間外取引では、49.27ドルまで下落している。

日足チャートでは、50ドル前後で推移している。1年3ヶ月ぶりに高値を更新したが、買い意欲の強い地合いとは言えず。50ドルでのもみ合いが継続しており、50日移動平均線までの調整も視野に入ろう。

■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC)  16.72ドル -0.035ドル(-0.21%)
モルガン・スタンレー(MS) 33.35ドル -0.030ドル(-0.09%)
ゴールドマン・サックス(GS)175.55ドル +0.410ドル(+0.23%)
インテル(INTC)      35.10ドル -0.160ドル(-0.45%)
アップル(AAPL)      118.25ドル +0.600ドル(+0.51%)
アルファベット(GOOG)   828.55ドル -7.190ドル(-0.86%)
フェイスブック(FB)    132.29ドル -0.990ドル(-0.74%)
キャタピラー(CAT)     84.48ドル -1.510ドル(-1.76%)
アルコア(AA)       27.29ドル +0.425ドル(+1.58%)
ウォルマート(WMT)     69.36ドル +0.170ドル(+0.25%)
スプリント(S)       6.50ドル -0.420ドル(-6.07%)

<NO>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。