マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:アップル株安、原油安が重しになる可能性

2016年10月26日 18:09

S&P500先物 2129.25(-8.75) (18:00現在)
ナスダック100先物 4858.25(-27.75) (18:00現在)

18:00時点のグローベックスの米株先物はS&P500先物、ナスダック100先物は小安く推移している。

25日の米株式市場は下落。決算内容がまちまちのなか、業績動向を見極めたいとする思惑から売りが先行。取引終了後に時価総額最大のアップルの決算が予定されており、手控える向きも多かった。ダウ平均は53.76ドル安の18169.27、ナスダックは26.43ポイント安の5283.40。

注目されたアップルは、一株利益やiPhone販売台数は予想を上回ったものの、売上高は僅かに下振れた。時間外では2%超の下落となっており、この影響が重しになりそうである。また、OPEC総会を控えた原油相場の動向も不安材料になりそうである。OPEC総会が近づくなか、ロシアが減産不参加の意向を示すなど、ある程度想定されていたとはいえ、間近になって消極的な発言が相次いできており、神経質にさせそうである。欧州も全般売りが先行している。また、NYダウは25日線が上値抵抗として意識されているが、結局今回も明確に上放れることが出来なそうである。

経済指標ではMBA住宅ローン申請指数(先週)、卸売在庫(9月)、新築住宅販売件数(9月)が予定されている。決算ではコカ・コーラ、ボーイング、TI、テスラが予定されている。

<KK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。