マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏 :地球規模課題へ対処するためにも金融取引税などの検討を進めたい

2016年10月27日 11:10

民進・原口氏は「税制抜本改革法の第7条第7号においても国際連帯税についても検討を行なうこととなっている。国境をまたぐ投資の収奪の不公正を許せる道理はない。飢餓や感染症など地球規模課題へ対処するためにも金融取引税などの検討を進めたい。」とツイート(10/26)

金融取引税(FTT)とは、通貨、株式、債券、デリバティブ、一次産品など、あらゆる金融資産の取引への課税を指す。この税により、株価、為替レート、一次産品価格の乱高下などの不安定さが弱められるだけでなく、実施国の政府に多大な税収をもたらす。欧州委員会はEU加盟各国に対し、欧州金融取引税を2014年1月に導入するEU指令案を提示した。EU域内居住者である金融機関、またはそれに準ずるファンドや個人の取引に対し、株式と債券取引に0.1%、デリバティブ取引に0.01%を課すことが盛り込まれている。

この提案に英国などが反対したが、ドイツ、フランスなど11カ国は2013年1月22日、「強化された協力」という手続きで先行導入を決めている。米国でも金融取引税(FTT)の導入が期待されており、課税対象などで調整が進められているようだが、トランプ氏が大統領選で勝利し、共和党政権が誕生してもFTTが導入される可能性は高いとみられている。

<MK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。