マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ODKソリューションズ—1Qは2ケタ増収、システム運用・機械販売の売上高が順調に増加

2022年7月29日 11:22

ODKソリューションズ<3839>は27日、2023年3月期第1四半期(22年4月-6月)連結決算を発表した。売上高は前年同期比10.0%増の9.18億円、営業損失は1.95億円(前年同期は1.36億円の損失)、経常損失は1.76億円(同1.25億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失は1.28億円(同0.90億円の損失)となった。
なお、同社グループの事業は、大学入試業務をはじめとした利益が第4四半期連結会計期間にかけて増加する傾向にあり、第1四半期連結累計期間の売上高は相対的に少なくなる傾向にある。しかし、人件費等の固定費は四半期ごとに変動する性質ではないため、結果として、第1四半期連結累計期間の利益が、他の四半期に比べ極めて低い水準にとどまり、例年第3四半期まで損益はマイナスであるが、通期では当該マイナスは解消されている。

同社は、「UCARO(R)」を軸とした成長戦略により、データビジネスによる新たな価値の創造を目指している。2022年7月1日には、「UCARO(R)」との新たなシナジー創出を目的にクシム<2345>が提供する人材育成サポート事業を譲り受けた。また、2022年5月25日付にて、「JOBTV」を展開するベクトル<6058>との業務提携契約を締結している。キャリア形成を支援するコンテンツの提供や新規サービスの共同検討を通じて、両社の企業価値向上に繋げていくとしている。なお、「UCARO(R)」の導入校数は、前年より6校増えて94校に拡大している。

システム運用の売上高は前第2四半期末に連結子会社となったECSの売上が寄与したほか、大学入試業務等の売上認識等により、前年同期比14.8%増の8.74億円となった。

2023年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比16.3%増の64.00億円、営業利益が同30.6%増の5.70億円、経常利益が同17.9%増の6.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同75.1%増の3.40億円とする期初計画を据え置いている。

<ST>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。