マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:INPEXやコマツなどに注目

2022年8月1日 9:04

先週末7月29日の米株式市場でNYダウは315.50ドル高の32845.13、ナスダック総合指数は228.09pt高の12390.68、シカゴ日経225先物は大阪日中比225円高の27975円。為替は1ドル=133.30-40円。先週末の米株式市場でアマゾンやアップルの好決算を受けてハイテク株が上昇したことから、東京市場でもキーエンス<6861>などのハイテク株に資金が向かいそうだ。また、エクソンとシェブロンの第2四半期純利益が過去最高となり株価が上昇しており、INPEX<1605>などエネルギー関連銘柄も堅調な相場展開となろう。さらに、「日米経済版2プラス2」で次世代半導体の量産で協力を進めると合意したことを受け、東エレク<8035>など半導体関連銘柄も注目されるだろう。国内要因では決算発表がピークを迎えており、好決算を発表したコマツ<6301>、ローム<6963>、住友ファーマ<4506>、KADOKAWA<9468>、田中化研<4080>、業績予想を上方修正した新光電工<6967>、エンプラス<6961>、旭有機材<4216>などが物色されそうだ。決算以外の材料では、子会社が生産する天然痘ワクチンをサル痘の予防に使うことが了承された明治HD<2269>などが買われる可能性がある。一方、利益予想を下方修正したソニーG
<6758>、低調な決算となった日立<6501>、富士通<6702>、日精工<6471>、ガイシ<5333>、LIXIL<5938>、関西電<9503>などは軟調な展開となるだろう。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。