マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:弱含みか、景気減速懸念で買い後退

2022年8月1日 14:05

(13時50分現在)

S&P500先物      4,113.40(-16.9)
ナスダック100先物  12,900.40(-47.6)

米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は軟調、NYダウ先物は130ドル安。長期金利はやや持ち直し、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。

7月29日の主要3指数は続伸。取引中盤以降は上げ幅を拡大し、ダウは315ドル高の32845ドルと3日連続のプラスで取引を終えた。この日発表されたPCEコアデフレーターは予想よりも強く、インフレの高止まりが鮮明になった。ただ、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペース鈍化の可能性を示唆したため、長期金利は続落。好業績のアップルなどハイテクを中心に買いが膨らみ、終盤にかけて指数を押し上げた。

弱含みか。FRBが9月以降に引き締め政策を緩める方針は、株買い安心感につながっている。ただ、週末の中国PMIは製造業が低調な内容となり、不透明感が広がりやすい。また、今晩発表のISM製造業景気指数は景気の好不況の分かれ目である50付近に弱まりつつあり、改めてリセッションへの懸念が強まれば売りが膨らみそうだ。前週の大幅高で調整の売りも出やすい。一方、企業決算が注目されるなか、好業績銘柄への買いは続くだろう。

<TY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。