マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ファブリカ Research Memo(3):自動車アフターマーケット領域のITサービス、SMS配信サービスを手掛ける

2022年8月3日 15:13

■事業概要

1. セグメント情報
ファブリカコミュニケーションズ<4193>は、SMS配信プラットフォーム「メディアSMS」と、中古車販売業務支援クラウドサービス「symphony」を主軸に、顧客の業務効率向上に資するサービスの提供に取り組んでいる。セグメントは、「SMSソリューショングループ」「U-CARソリューショングループ」「インターネットサービスグループ」「オートサービスグループ」の4つに分かれている。

法人向けにSMS配信サービス「メディアSMS」を提供、新型コロナウイルス感染者への連絡手段として自治体での採用が増加
2. SMSソリューショングループ
「SMSソリューショングループ」は、法人向けにSMS配信サービス「メディアSMS」の提供を行っている。

当該グループは、子会社であるメディア4uが展開しており、法人向けのSMS配信サービスをメイン事業としている。法人向けSMS配信サービスは、顧客である企業や自治体などに対しインターネットを通じてSMS配信機能を提供し、SMSの配信数に応じて課金する従量課金での売上が主な収益となっている。

最近では、電話(音声電話)の接続率が低くなっていること、ダイレクトメール(DM)や、封書・ハガキの開封率が低くなっていることもあり、SMSは企業や自治体とエンドユーザーを結ぶ強力なコンタクトツールとして市場認知が高まっている。SMSの利用用途は本人認証・業務連絡・督促・事前連絡など多岐にわたっており、同社資料によると現在はA2P(Application-to-Person:法人から個人にメッセージを配信する)SMS国内法人市場の約4割が本人認証であると言われている。また、同社グループの配信数における本人認証の割合は約2割にとどまっているとしており、付加価値が高いとされる業務連絡・督促・事前通知で約7割を占めるという特徴がある。そして、当該領域(業務連絡・督促・事前通知の3用途)でトップシェアを占めている。今後も、顧客それぞれのニーズに沿った導入支援・コンサルティングを含めたサービス体制により、市場シェア拡大を目指す考えである。

足元では、自治体が新型コロナウイルス感染者への連絡手段としてSMSを活用する動きも見られている。自宅療養者への健康観察において保健所から全件電話で連絡していたものを、重症化のリスクがない療養者へはSMSで代替することなどで自治体の業務効率化に貢献している。同社は、全国の地方公共団体などが使用している専用の通信ネットワークであるLGWAN上で、一斉SMS配信などを可能にする『メディアSMS for LGWAN』も提供しており、千葉県、神奈川県、沖縄県、東京都杉並区・調布市、大阪府豊中市、北海道札幌市、兵庫県西宮市、鹿児島県鹿児島市などで採用されている。

SMS配信サービスの強みは、ほぼ全ての携帯電話にメッセージを配信できることである。SMS配信サービスを運営するにあたり、主要な携帯電話事業者((株)NTTドコモ、KDDI<9433>、ソフトバンク<9434>、楽天モバイル(株))と直接接続契約を締結しており、メディア4uでは顧客である企業や自治体から依頼された配信コンテンツを携帯電話事業者のSMS配信ルートを利用して、一般ユーザーに配信している。

「メディアSMS」では、主な携帯電話事業者と直接接続の契約を行い、専用インターフェースに繋ぐ設計により高いサービス品質を実現している。機能面では「双方向サービス」「他人接続判定機能」「長文化SMS対応」「キャリア判定機能」「IVR(自動音声応答)連携」「決済サービス連携」などの多くの追加機能を持っている。なかでも、「長文化SMS対応(SMSの文字数制限を最大670文字にする)」が同社の強みとなっている。

中古車販売業務支援クラウドサービス「symphony」を提供
3. U-CARソリューショングループ
「U-CARソリューショングループ」は、中古車販売業務支援クラウドサービス「symphony」を提供し、自動車アフターサービスに関連する事業者のビジネスを支援している。「symphony」の導入社数は3,325社(2022年3月末現在)である。同社がターゲットとする国内の中古車販売事業者数は近年増加傾向にあり、約3万社となっている。整備事業に特化していた事業者が車両販売に新規進出し、顧客獲得を進める動きが活発化していることなどが背景にある。現在の同社の国内の拠点数は11ヶ所(札幌支店、東北支店、北関東支店、東京営業本部、神奈川支店、静岡支店、名古屋本社、大阪支店、兵庫支店、広島支店、福岡支店)であり、「symphony」の提供エリアは限定的である。ただ、広島支店を2021年10月に開設し、静岡支店は2022年2月に開設するなど、近年、拠点の新設を活発化している。同社は今後も拠点を増設し、「symphony」の導入社数の増加に注力していくものと弊社は見ている。

U-CARソリューショングループでは、自社開発した中古車販売管理システムと広告出稿プラットフォームを融合した「symphony」を全国の自動車販売店に提供することで、月額で利用料※を得ている。「symphony」は、顧客である国内の自動車販売店が必要とする商品在庫車の仕入れ販売管理はもちろんのこと、請求・見積書発行やユーザーからの問合せ管理機能、またCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)やグループウェア(組織や集団の内部で情報を共有・コミュニケーション可能なソフトウェア)など、中古車販売に必要なあらゆるツールをワンストップで提供するSaaS (Software as a Service)である。主な収益モデルは、「売上高=利用企業数×システム利用料(月額)」である。

※同社が運営する中古車検索メディア「車選びドットコム」の車両掲載台数に応じて月額のシステム利用料が変わる料金体系となっている。

また、複数の中古車検索サイトへの広告出稿プラットフォームの提供、ユーザー向けの中古車保証サービスやタイヤパンク保証の販売、個人向けオークションや国内BtoBマーケットプレイスとのシステム連携、輸出事業者へのデータ提供など、中古車販売を行う上で必要なサービスを網羅している。これにより多様な商品車の売買機会を提供し、在庫回転率の向上を実現させるとともに膨大な車両データの入力の手間を大幅に削減するなど、「symphony」を利用する自動車販売店の収益機会の最大化に貢献している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 藤田 要)

<YM>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。