マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ジェイ・エス・ビー Research Memo(6):対面・非対面双方を活用した営業戦略の推進などにより2ケタ増益を継続

2022年8月3日 16:06

■今後の見通し

ジェイ・エス・ビー<3480>の2022年10月期の連結業績は、期初の予想を維持し、売上高57,290百万円(前期比8.5%増)、営業利益5,881百万円(同10.2%増)、経常利益5,741百万円(同10.3%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は3,817百万円(同17.4%増)と、増収増益を予想する。2ケタの増益を継続する予想であるが、期初の業績予想は保守的である。実際、第2四半期決算は期初予想を上回っており、通期決算についても予想を達成する公算が大きいと弊社では見る。

2022年10月期は、コロナ禍の状況を注視しつつ、対面と非対面の双方を活用した営業戦略を推進する。主力の不動産賃貸管理事業においては、同社グループの独自ノウハウを投入した高付加価値の自社物件開発をはじめ、市場競争力の高い新規物件開発に引き続き注力する。また、コロナ禍におけるリスク認識、市場環境の変化、コロナ禍収束後を見据えた事業運営体制の変革を進めていく。

セグメント別では、不動産賃貸管理事業は、物件管理戸数約4,400戸増、高い入居率の維持、対面・非対面双方活用の営業などを想定し、売上高53,773百万円(前期比8.6%増)、営業利益7,162百万円(同7.8%増)を見込むが、既に第2四半期段階で物件管理戸数は前期比4,665戸増と計画を上回って推移した。高齢者住宅事業は、1拠点増加(2021年竣工の「グランメゾン迎賓館 豊中刀根山」)に伴う影響を織り込み、売上高2,852百万円(前期比1.8%増)、営業利益371百万円(同5.0%増)を見込んでいる。その他の事業は、新規事業への成長投資などを考慮して、売上高664百万円(同42.5%増)、営業損失94百万円(前期は172百万円の損失)を見込む。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)

<EY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。