マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】目先は決算を手掛かりとした選別色の強い展開【クロージング】

2022年8月3日 16:51

3日の日経平均は反発。147.17円高の27741.90円(出来高概算11億7000万株)で取引を終えた。前日の大幅安の反動から自律反発を狙った買いが先行して始まり、日経平均は取引開始直後に一時27837.63円まで値を上げた。また、円相場が1ドル133円台へと円安方向に傾いたほか、好決算銘柄中心に投資マネーがシフトしていることも相場を支える要因になったようだ。ただ、米中関係の緊迫化への警戒感は拭えていないなど、先行き懸念材料も残っており、買い一巡後は27700円前後での底堅い展開だった。

東証プライムの騰落銘柄は、値下がり銘柄が1000を超えて全体の6割近くを占めた。セクターでは、精密機器、保険、卸売、電気機器、機械など14業種が上昇。一方、電気ガス、不動産、建設、その他製品、倉庫運輸など19業種が下落した。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、ダイキン<6367>、東エレク<8035>、テルモ<4543>、ソフトバンクG<9984>が堅調だった半面、ファナック<6954>、アステラス薬<4503>、SUBARU<7270>、任天堂<7974>、TDK<6762>が軟化した。

前日の米国市場は、米中関係の緊迫化などを警戒し、主要株価指数は続落した。ただ、前日の東京市場では、先回り的に下げていただけに、買い戻しの動きが強まった。また、短期筋とみられる株価指数先物買いも加わり、日経平均の上げ幅は一時200円を超えた。個別では、月次売上高が好調なファーストリテや通期業績予想を上方修正したダイキンなどが買われた一方、市場予想に届かなかったSUBARUが大幅に続落したほか、4-6月期の好決算を受けて目先の材料が出尽くした川崎船<9107>が下落するなど決算などを手掛かりとした材料株に資金が集まっていた。

日経平均は反発も上値の重さが意識された。シカゴ連銀のエバンス総裁など米連邦準備制度理事会(FRB)メンバーの発言により、利上げペース継続の観測が高まり、米長期金利が上昇しているほか、中国経済の減速懸念も再び高まっている。国内では主要企業の決算発表がピークを迎えるため、見極め材料が多く、積極的に上値を買い上がる状況にはない。このため、目先は決算を手掛かりとした選別色の強い展開が続きそうだ。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。