マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東京為替:ドル・円は下げ渋り、133円台に再浮上

2022年8月3日 17:17

3日の東京市場でドル・円は下げ渋り。米引き締め継続の思惑でドル買いが先行し、朝方に133円90銭まで値を切り上げた。その後は米下院議長の台湾訪問で円買いが強まり、132円29銭まで急落。ただ、日本株高で円買いは後退し、ドルは133円台に戻した。

・ユーロ・円は136円00銭から134円85銭まで下落した。
・ユーロ・ドルは1.0150ドルから1.0193ドルまで値を上げた。

・17時時点:ドル・円133円10-20銭、ユーロ・円135円60-70銭
・日経平均株価:始値27,673.00円、高値27,837.63円、安値27,634.65円、終値27,741.90円(前日比147.17円高)

【経済指標】
・NZ・4-6月期失業率:3.3%(予想:3.1%、1-3月期:3.2%)
・NZ・4-6月期雇用者数増減:前期比0.0%(予想:+0.4%、1-3月期:0.0%←+0.1%)
・中・7月財新サービス業PMI:55.5(予想:53.9、6月:54.5)
・独・6月貿易収支:+64億ユーロ(予想:+2億ユーロ、5月:+9億ユーロ←-10億ユーロ)
・スイス・7月消費者物価指数:前年比+3.4%(予想:+3.4%、6月:+3.4%)
・独・7月サービス業PMI改定値:49.7(予想:49.2、速報値:49.2)
・ユーロ圏・7月サービス業PMI改定値:51.2(予想:50.6、速報値:50.6)

【要人発言】
・中国外務省
「対抗措置に関して表明したことを実行する」
「断固として強力、効果的な行動になる」
・ペロシ米下院議長
「台湾の安全と自由を願う。われわれが身を引くことはない」
「台湾議会との交流拡大を望む」
「米国の半導体法案、半導体産業における米台協力の好機」
・台湾国防部
「中国軍の演習、台湾領内に侵入」
「領土主権を侵す行動に対抗措置を講じる」

<TY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。