マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】アイリッジ Research Memo(1):O2Oサービスを軸に安定収益構造を築き、直近3期で売上高5倍

2016年10月31日 16:57

アイリッジ<3917>は、企業向けのO2O(online to offline)関連事業を手掛けており、情報提供を行い実店舗への集客や販促につなげるスマートフォン向けのアプリの企画・開発や、この情報提供を行う仕組み「popinfo」のサービス提供や運用支援、集客や販促活動提案などを行っている。

同社は現代表取締役社長の小田健太郎(おだけんたろう)氏が2008年8月に設立し、2009年には他社に先駆けフィーチャーフォン(従来型携帯電話)向けにO2Oサービス「popinfo」を開始した。2010年にはスマートフォン向けにもサービス提供を開始すると、以降スマートフォンの普及拡大、O2Oサービスのニーズ増加などの波にも乗り、「popinfo」活用アプリ及び利用ユーザー数が増加した。2013年7月期の売上高257百万円が、2016年7月期には1,230百万円となり、直近3期で約5倍と急成長を遂げており、2015年7月には東証マザーズ上場を果たしている。

同社の強みは他社に先駆けてO2O事業を長年行ってきた実績と、この事業を通じて培われた高い技術力、きめ細かい提案ができるマーケティング力である。これらの結果、2016年7月時点の「popinfo」導入アプリは300超、利用ユーザー数は4,500万人超であり、O2O業界ではリーディングカンパニーとなっている。

2016年7月期の売上構成を見ると、フロー収入(一時収入)に当たるアプリの初期開発と、継続利用顧客に対するソリューションやマーケティングの提案などが934百万円で売上全体の76%、ストック収入(固定収入)に当たるO2Oプラットフォーム利用での月額報酬が295百万円で売上全体の24%と、フロー収入の方が多い。しかし、フロー収入のうち新規顧客は約3割で、フロー収入の残り約7割とストック収入を合わせると全体の77%が継続顧客からのリピート収入であるため、非常に安定的な収益構造を築いていると言える。

O2O市場は引き続き拡大傾向にあり、同社では現在の「popinfo」を軸としたサービスを、現在未対応の企業や業種に広げていくことを計画している。加えて、従来から行っていた集客・販売促進だけでなく、ビッグデータと位置情報を組み合わせてのターゲティング(対象顧客の見定め)や、アプリでの決済サービスなど、ショッピングのプロセス全体をカバーするようなサービスラインナップ拡充を図っている。これらにより2017年7月期は30%の増収を見込み、中期的にも同程度の成長を見込んでいる。

■Check Point
・O2Oサービスのリーディングカンパニー、日本最大級のプラットフォームを保持
・7割が既存顧客売上の安定収益構造、直近3期で売上高5倍と急成長し、2015年7月に東証マザーズ上場達成
・市場拡大の波に乗りつつ、新規顧客開拓やサービスラインナップ拡充に取り組み、2017年7月期は3割増収を狙う

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

<HK>

fisco
相場が荒れても、利益を自動で狙うFX「フルオート」とは
トランプ大統領の発言や行動で、為替相場が荒れることも、しばしば。取引に一苦労している人も多いだろうが、FX自動売買の「フルオート」に至っては「ほぼお任せ」だから関係ないのだという。最新のFX自動売買「フルオート」を解説する。 <続きを読む>
毎日数千円の金利収入も!? 最新のFXスワップ投資方法
コツコツ毎日金利収入を見込めるFXスワップ投資。2000年代前半に一世を風靡した投資法が、最近になって再注目されている。今から始める人はまず、この記事で投資方法を確認してみてはいかがだろう。 <続きを読む>
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。