マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】巴川紙 Research Memo(6):財務状況は2022年3月期に大きく改善も、引き続き体質強化が必要

2022年9月13日 16:06

■業績動向

3. 財務状況
巴川製紙所<3878>は、事業転換を図るなかで事業の統廃合やこれに伴うリストラ費用の発生や構造改革の進展や子会社化による収益基盤強化などもあり、設備投資を抑制しつつキャッシュ・フローのプラスを維持した。また、コロナ禍によるダメージを受けるなかで財務体質の改善が進んだ。

2022年3月期には自己資本比率が30.9%と、2018年3月期の32.9%以来の30%台乗せとなった。2021年3月末の優先株の発行も含め主要金融機関からの支援体制は盤石で、財務体質が改善するなかでシンジケートローンによる長期の支援体制も構築した。ただし、将来予想される優先株償還にも備えるために財務体質の強化が必要であると弊社では考えている。そして、利益のさらなる積み増しと同社グループとの補完により、今後いかに資産効率を上げるか、また収益性の高い事業比率を上げるか財務改善のポイントとなるだろう。

キャッシュ・フローについては2007年3月期に静岡事業所、清水事業所、巴川影像科技(恵州)有限公司、(株)TFCにおいてFPD向け光学フィルム及び化成品製造設備増強等を集中的に行い、10,926百万円(2007年3月期総額は12,515百万円)の大型設備投資を行って以降は、基本的に設備投資を抑制している。そのため投資活動によるキャッシュ・フローはマイナスが続いた。2022年3月期は構造改革に伴う資産売却収入があるものの、フリーキャッシュ・フローの増減は営業活動によるキャッシュ・フローが大きく影響した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 岡本 弘)

<EY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。