マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【後場の寄り付き概況】後場の日経平均は627円安でスタート、東エレクやソニーGなどが下落

2022年9月14日 12:56

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27987.08;-627.55TOPIX;1954.29;-32.28

[後場寄り付き概況]
 後場の日経平均は前日比627.55円安の27987.08円と、前引け(27991.82円)から下げ幅を広げてスタート。ランチタイム中の225先物は27750円~27800円のレンジでもみ合い。ドル・円は1ドル=144.20~144.30円と午前9時頃から30銭ほど円高・ドル安水準。アジア市況では上海総合指数と香港ハンセン指数が揃って大幅に下落している。
米8月消費者物価指数(CPI)の予想外の上振れを受けてインフレ減速期待は剥落。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締め強化が再燃し、景気後退懸念も強まった。
前日のダウ平均1300ドル近い急落を受けて東京市場でも売りが広がっている。円安・ドル高進行を背景とした輸出企業の買いやインバウンド関連銘柄への押し目買いが相場を下支えているものの、全体的には力不足で、後場の日経平均も引き続き大幅下落となっている。前場は一時28000円を回復する場面もあったが、後場は再び弱含み、28000円を下回った推移が続いている。

 セクターでは電気機器、ゴム製品、電気・ガスを筆頭にほぼ全面安となっている。
一方、鉱業、空運が上昇している。東証プライム市場の売買代金上位ではソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、ソニーG<6758>、キーエンス<6861>、ファーストリテ<
9983>、日本電産<6594>、リクルートHD<6098>、ファナック<6954>などが大幅に下落。
一方、ダブル・スコープ<6619>、レノバ<9519>、三井ハイテック<6966>、JAL<9201>などが堅調に推移している。

<CS>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。