マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】米国株見通し:戻りの鈍い値動きか、自律反発にとどまる可能性

2022年9月14日 14:00

(13時50分現在)

S&P500先物      3,938.80(+6.1)
ナスダック100先物  12,055.30(+21.7)

米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は堅調、NYダウ先物は40ドル高。長期金利は上げ渋り、本日の米株式市場は買い先行となりそうだ。

13日の主要3指数は急反落。寄り付きからほぼ一貫して下げ幅を拡大する展開となり、5日ぶりに下げに転じたダウは1276ドル安の31104ドルで取引を終えた。注目の消費者物価指数(CPI)は前年比+8.3%と、前月の+8.5%から伸びが鈍化。ただ、市場予想の+8.0%を上回り、インフレのピークアウトへの期待は後退した。来週の連邦公開市場委員会(FOMC)を前に大幅利上げへの思惑が広がり、幅広い売りが指数を押し下げた。

本日は戻りの鈍い値動きか。13日のCPIを受け、連邦準備制度理事会(FRB)が引き締めを加速させFOMCで利上げ幅を0.75%から拡大するとの見方が浮上。今晩も金利先高観を手がかりとした売りが先行しそうだ。ただ、今晩の生産者物価指数(PPI)はCPIに続き前月の伸びを下回る見通しで、極端な下げを回避する見通し。とはいえ、明日の小売売上高など経済指標は弱い内容が予想され、自律反発狙いの買いにとどまり戻りは鈍いだろう。

<TY>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。