マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】デイトナ Research Memo(7):2022年12月期第2四半期業績は全セグメントで増収増益に(2)

2022年9月14日 15:07

■業績動向

3. トピックス
(1) オーディーブレインを子会社化
既述のとおり、2022年5月30日付でオーディーブレインの全株式を取得し、子会社化した。デイトナ<7228>は今後の成長に向けて、新商品開発・改良、グループ企業の販路活用・拡大、新たなジャンルへの参入を通じた企業価値向上に注力する方針で、子会社化により、グループ企業の国内外販路を活用したより広い展開はもちろん、二輪とアウトドア用アパレル面の商品力強化、新ブランドの開発を、創業者でブランドデザイナーである佐藤義幸氏と共同で計画していく。オーディーブレインの直近期(2021年7月期)の売上高は110百万円程度であるが、同社グループの販路活用、新商品投入等により、今後3年間で3倍程度の売上を目指している。

(2) 新規事業部を新設
同社は、2022年7月に組織変更を行い、新規事業部を新設した。「新エネルギー開発室」及び二輪事業部内に配置していた「E-MOBILITYグループ」「リユースビジネスグループ」「GMDグループ」を異動するとともに「アウトドアグループ」を新設した。組織変更により、中期経営計画で目標として掲げる「二輪車アフターパーツ以外の事業領域強化」を推進していく。

4. 財務状況
2022年12月期第2四半期末の資産合計は前期末比1,509百万円増加し、9,678百万円となった。流動資産は棚卸資産が1,149百万円増加したことなどにより、同1,394百万円増の7,069百万円となった。固定資産は同114百万円増の2,608百万円となった。これは主に、有形固定資産が27百万円、無形固定資産が30百万円それぞれ減少した一方、投資その他の資産が171百万円増加したことなどによる。

負債合計は、前期末比961百万円増加し、3,686百万円となった。流動負債は買掛金が423百万円、短期借入金が442百万円それぞれ増加したことなどにより、同768百万円増の3,050百万円となった。固定負債は長期借入金が208百万円増加したことなどにより、同192百万円増の635百万円となった。純資産合計は同547百万円増加し、5,992百万円となった。この結果、自己資本比率は同4.6ポイント低下し61.1%となった。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)

<YM>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。