マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】個別銘柄戦略:ソフトバンクGやキリンHDなどに注目

2022年9月20日 9:03

国内が連休中だった16日、19日の米株式市場でダウ平均は139.40ドル安、197.26ドル高と方向感に欠ける動き。ナスダック総合指数は-0.90%、+0.75%だった。19日のシカゴ日経平均先物は大阪日中比140円高の27490円。為替は1ドル=143.30~40円。米10年債利回りが一時3.5%と2011年以来の高水準に達したことで、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、東京海上HD<8766>、第一生命HD<8750>などが堅調に推移することが見込まれる。業績予想を上方修正した扶桑化学工業<4368>、第1四半期決算発表前から大幅に業績予想を引き上げたミタチ産業<3321>は買いが先行しそうだ。外資証券によるレーティング格上げが観測されたキリンHD<2503>、第1四半期が想定を超える堅調な出足になったと推察されるコーセル<6905>なども好感されそうだ。ほか、出資するインドのオヨのIPO計画が復活したと伝わっているソフトバンクG<9984>、30年度に再エネ発電能力を5倍に引き上げると伝わっている大和ハウス<1925>、走行中のEVに道路から給電する技術について25年をめどに実用化を目指すと伝わっているデンソー<6902>なども注目される。一方、レーティング格下げが観測されている資生堂<4911>、日本ハム<
2282>は軟調となりそうだ。

<FA>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。