マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】マネックス証券【コラム 新潮流2.0】:山羊の呪い(マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木隆)

2016年11月7日 16:06


◆前回の小欄ではプロ野球の日本シリーズが熱いと書いたけど、海の向こう本場アメリカのワールドシリーズも大変な盛り上がりを見せた。第7戦の延長10回の死闘を制し、カブスが108年ぶりにワールドシリーズ・チャンピオンの栄冠に輝いた。このニュースが報じられるときは決まって、「山羊の呪いが解けた」との文句がセットで伝えられる。

◆1945年のワールドシリーズをタイガーズと争っていたとき、ファンがペットの山羊を球場に連れて入ろうとしたのを止められて激怒し、「ヤギの入場が許されるまで、カブスは2度とワールドシリーズに勝てない」と放言した。この言葉の通り、カブスはそれ以降長期低迷を抜け出せなかった。これが「ビリー・ゴート(山羊)の呪い」である。

◆マーケットの立場からもカブスの勝利を祝いたい。ナショナルリーグのチームがワールドシリーズを制すると、大統領選挙では民主党が勝利、アメリカンリーグでは共和党が勝つというジンクスがあるからだ。カブス=ナショナルリーグ=民主党=ヒラリー・クリントンだから、このジンクス通りいけば、「トランプ大統領誕生⇒市場の大混乱」というシナリオは避けられるのだが…。米国の大統領選挙はいよいよ明日である。

◆マーケットはすでにトランプ・リスクを警戒し、米国の株価指標S&P500は9営業日連続の下落。9日続落は1980年以来36年ぶりのことだが、そんなのはたいした記録ではない。カブスは107年間のブランクに終止符を打ちワールドシリーズを制覇した。S&P500の連続安も早晩終止符が打たれることを期待したい。それにしてもナ・リーグ=民主党、ア・リーグ=共和党のジンクスは効くだろうか。なにしろ「山羊の呪いが解けた」ということはジンクスが破られた、ということではないか。そう考えると素直にカブスの優勝を喜んでいいのやら…複雑な心境である。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木隆

(出所:11/7配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)


<FA>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。