マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SI Research Memo(12):SDGsに積極的に取り組む企業として評価

2022年11月22日 15:32

■株主還元策とSDGsへの取り組み

2. SDGsへの取り組み
システムインテグレータ<3826>はSDGsへの取り組みを推進すべく、2022年2月期より新たにSDGsワーキンググループを発足し、同社で貢献できることを社員から意見を集めて整理・体系化している。ERP事業やObject Browser事業などで提供する製品・サービスにより、業務効率の向上と働きやすい環境づくりを実践しているほか、「TOPSIC」の提供により、国内外の技術者のスキル向上に貢献している。

社員の働く環境の改善に向けては、女性が働きやすい制度の構築や障がい者雇用及び外国人雇用など、ダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいるほか、育児・介護が必要な社員を対象とした在宅勤務制度を2007年より導入している。育児休業取得社員の復職率は93%と高く、男性社員の育児休業取得や育児在宅勤務なども推奨している。このほか、2023年2月期有給休暇取得率は約90%見込み(前期は78.0%)、社員定着率は業界平均を上回る90%超などから、働きやすい職場環境に取り組んでいることが窺われる。

また、社会貢献活動として2021年9月より埼玉県内の子ども食堂を支援しており、各食堂のホームページを無料で作成している(2022年8月末時点で12ヶ所のホームページを開設し、4ヶ所を作成中)。今後も同活動を継続するとともに、他県にも拡大する方針だ。

これらの取り組みが評価され、埼玉県より2012年に「多様な働き方実践企業」のゴールド認定を取得したほか、2021年には「埼玉県SDGsパートナー」に登録された。また、厚生労働省からは、2017年に「仕事と介護を両立する企業(トモニン)」、2019年に「子育てサポート企業(プラチナくるみん)」の認定を取得している。そのほか、テレワークに積極的に取り組む企業として、2017年に総務省の「テレワーク先駆者百選」にも選定されている。テレワーク活用率は100%となっており、コロナ禍においても生産性については影響を受けていない。同社のこうした取り組みは学生等からも評価されているようで、人手不足が深刻化するIT業界のなかでは比較的順調に優秀な人材の採用ができている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<SI>

fisco
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。