マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】日本が最も「トランポリン相場」になったのは何故か

2016年11月14日 8:05

先週の世界の金融市場は、米大統領選が大方の予想に反してクリントン候補が負け、トランプ大統領が実現したことにより大荒れとなった。
 クリントン氏勝利を織り込んでいた市場は、トランプ氏勝利が確定したことで、トランプ・ショックに見舞われた。トランプ氏が勝つことは「トランプ・リスク」と喧伝されていたためだ。
 ただ、その後実際にトランプ大統領が実現することにより行われるであろう経済政策に関心が集まり、大規模な公共投資や金融規制緩和によって経済成長が加速するのではないかという見方も強まった(なお、米ダウ指数は「史上最高値」を更新した)。
 この一連の動きによって、金融市場は極端なリスク回避姿勢から、米国の経済成長を期待するリスクオンの姿勢に一気に傾くという、さながら「トランポリン相場」の様相となった。
 この中で最も「トランポリン相場」となったのは日本の株式市場だ。日経平均株価は米大統領選の結果が判明しだすと大暴落となり、9日の日中の下落幅は一時前日比1000円を超えたが、 9日の欧米市場が上記の要因で上昇に転じたことを受けて、翌10日には日経平均株価は1000円超の大幅上昇となった。
 確かに米大統領選の大勢が判明するタイミングと取引時間が重なった点はあるにせよ、9日の下落は世界の主要市場では突出した大暴落となった。他のアジア市場も取引時間が重なるという点では同じだがここまでは暴落していない。
 ブレグジットの時も同じような流れで、世界で最も暴落したのは日本だったが、その時の学習効果もなく日本の株式市場がここまで酷い値動きになるのは何故か。
 ひとつは、もちろんアジアの市場で最も流動性が大きく、リスク回避・ヘッジの受け皿になりやすいということが挙げられる。
 ただ、ここまで極端な動きになるのはアルゴリズム取引や高速取引の影響が大きいのではないだろうか。アルゴリズム取引はコンピュータプログラムによって自動的に取引を行うもので、一つのトリガーにより一斉に次々とトリガーが引かれ、一方向に偏った動きを生み出しやすい。また、高速取引は東証がさらに推し進めており、機関投資家に対する優遇(コロケーション)も行われている。日本の株式市場の売買代金の約6割を外国人投資家が占めているということも、より偏りに拍車をかける要因であろう。
 世界的にはコンピュータによる高速取引は規制をかける方向にむかっているが、日本は全く規制がなく、言わばやりたい放題の状態にある。
 日本の金融庁は最近になって、規制の強化(業者の登録制)を検討しているとのことであるが、早期に適正な規制を実施すべきであろう。登録制だけでは十分とはいえない可能性が高い。

<YU>

fisco
デイトレより効率いい? 年約1000回取引したFXツール
コツコツ投資のFXは、あるツールを使うことで実現できる。しかも取引は全部自動。自分ではやらない。FXもテクノロジーの力を借りることで、コツコツ投資は比較的手間なく実践できるようになった。 <続きを読む>
1年で資金100⇒400万円の実績も! 自動FX「フルオート」
トランプ大統領の発言や行動で、為替相場が荒れることも、しばしば。取引に一苦労している人も多いだろうが、FX自動売買の「フルオート」に至っては「ほぼお任せ」だから関係ないのだという。最新のFX自動売買「フルオート」を解説する。 <続きを読む>
保有すれば年間30万円以上の金利収入も! FXスワップ術
コツコツ毎日金利収入を見込めるFXスワップ投資。2000年代前半に一世を風靡した投資法が、最近になって再注目されている。今から始める人はまず、この記事で投資方法を確認してみてはいかがだろう。 <続きを読む>
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。