マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ダイコク電機—第2四半期累計決算は減収減益の着地、通期では増収・黒字転換を見込む

2016年11月15日 14:59

ダイコク電機<6430>は11月11日に2017年3月期第2四半期累計(2016年4~9月期)決算を発表。売上高が前年同期比16.7%減の201.87億円、営業利益が同25.7%減の6.05億円、経常利益が同22.0%減の7.06億円、四半期純利益が同21.9%減の3.29億円で着地した。期初公表値に対しては、売上高が13.13億円下振れたものの、営業利益が4.05億円、経常利益が5.06億円、四半期純利益が2.09億円それぞれ上振れた。

パチンコ業界の新店・改装店舗数が減少傾向を辿る厳しい環境の中、情報システム事業の商品販売が苦戦。制御システム事業も、パチンコ遊技機メーカーのリリース計画変更に伴って複数機種に期ズレが発生し、減収を余儀なくされた。売上減の影響をコスト削減などで吸収しきれず、利益面も大幅な減益となった。ただ、情報システム事業で新型情報公開端末「REVOLA」の販売が好調だったことや販売管理費の一部が下期にズレ込んだこと、制御システム事業で自社が携わった機種の販売台数が好調に推移したことなどにより、利益面では期初公表値を上回ることができた。

2017年3月期通期では売上高が前期比6.4%増の500.00億円、営業利益が10.00億円(前期は8.94億円の赤字)、経常利益が10.00億円(同7.49億円の赤字)、当期純利益が6.00億円(同16.76億円の赤字)を計画。通期計画に対する営業利益の第2四半期までの進捗率は60.5%となっており、通期計画の達成に向けて業積は順調に推移していると考えられる。


<TN>

fisco
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。