マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ティーガイア—2Q四半期純利益5.1%増、モバイル事業は増益を確保

2016年11月15日 17:34

ティーガイア<3738>は8日、2017年3月期第2四半期(16年4-9月)決算を発表。売上高が前年同期比10.0%減の2,563.55億円、営業利益が同8.1%減の59.89億円、経常利益が同7.7%減の60.14億円、四半期純利益が同5.1%増の40.03億円だった。

セグメント別では、主力のモバイル事業の売上高は前年同期比8.8%減の2,137.40億円、営業利益は同0.6%増の44.65億円だった。事業環境の変化に伴う端末の実質販売価格上昇などにより、販売台数は減少した。その一方、光回線やタブレット、スマートフォン関連商材等の販売強化などにより、付加価値提案力アップと収益性向上を図った。ソリューション事業の売上高は同23.0%減の104.16億円、営業利益は同39.8%減の8.29億円だった。ビジネスモデルが転換期を迎えていることから従来型光回線サービスの獲得が減少し大幅減収となったが、将来の成長に向けての人員体制強化やシステム投資を推進した。決済サービス事業他の売上高は同13.1%減の321.98億円、営業利益は同0.3%減の6.94億円だった。電子マネー系商材からギフトカードへと商品構成の変化が続き売上高は減少したが、ギフトカードの販売は好調に推移し実質的な販売総額である取扱高は増加した。

上期業績はほぼ計画通り推移した模様で、17年3月期通期については、売上高が前期比0.7%減の6,160.00億円、営業利益が同4.3%減の150.00億円、経常利益が同4.3%減の149.50億円、当期純利益が同2.1%増の97.00億円とする期初計画を据え置いている。


<HK>

fisco
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。