マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ボルテージ Research Memo(7):ターゲットへのアプローチの最適化と規模拡大の両立を図る

2016年11月18日 16:09

■ビジネスモデル改革プラン『3年戦略』を発表

(7)『3年戦略』のゴール:グループ体制の進化

『3年戦略』はまだその全体像が明確化された段階であり、このビジネスモデル改革が完遂された時のボルテージ<3639>の姿がどのようになっているかはまだ不透明だ。しかしながら、2016年6月期通期決算発表において「グループ体制の進化」という形で1つの方向性が示されているほか、それと軌を一にすると思われる事象が起こっているので簡単に触れたい。

同社は組織体制を改革してリーダーを育て、事業を生み出し、収益化する仕組みを作り上げた先には、「グループ体制の進化」があると計画している。この説明として「異なるターゲット層やコンテンツノウハウごとに複数の戦略子会社を設立することで、ターゲットへのアプローチの最適化と規模拡大の両立を図る」とある。すなわち、事業区分や商品シリーズごとに組織を細分化することで、より舵取りがしやすい体制構築が構想されている。

これを裏付けるような動きとして、同社は2016年7月にモーションタイプのコンテンツ制作を担当する戦略子会社・株式会社ボルモを設立したほか、2016年11月には会社分割によりパズルアクションゲーム『LOVE☆スクランブル』にかかる事業を承継し、女性向け収集育成タイプのコンテンツ制作を担当する株式会社ボルスタを設立した。

弊社では、現時点では持株会社化によるグループ経営が同社にとって最適かどうか判断することはできない。弊社が感じているのは、事業や商品シリーズごとに、あるいは自律組織ごとに、“独立採算制”の意識を持たせようという、同社経営陣の強い意識だ。これが今の同社にとって最も必要なことの1つであることは疑いない。「グループ体制の進化」は15の自律組織の在り方とも密接に関連するはずであり、今後の組織体制の変化についても注視すべき重要なポイントだと考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

株/暮らしのマネー注目記事

桐谷広人さんが伝授する株主優待の上手な選び方
【株主優待】2017年“美味しい”優待銘柄を3つ厳選

「FX運用ガイド」の注目記事

半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
2017年後半は円安になるか 波乱相場ならシストレが有効
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。