マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ボルテージ Research Memo(2):環境変化に即し、ビジネスモデルを改革。再び成長軌道に

2016年11月18日 16:02

■ビジネスモデル改革プラン『3年戦略』を発表

(1)業績の振り返りと『3年戦略』策定の背景

前述の通り、ボルテージ<3639>は創業以来着実な成長を遂げてきたが、その間には多くのモバイルコンテンツメーカーをふるいにかけた環境変化も起こっている。具体的にはソーシャルゲームの台頭や、主要なデバイスがガラケーからスマートフォンへ移行したことなどがそれにあたる。とりわけスマートフォンの出現と急速な普及拡大は、配信PF におけるソーシャル専業PFからOS 系PF (App Store やGoogle Play) への移行に加え、アプリタイプのWeb アプリからネイティブアプリへの移行を加速させた。

同社は2016年6月期までの3年間において、「OS系ファースト」のスローガンのもと、スマートフォン対応を進めてきた。同社のようなモバイルコンテンツ・サプライヤーにとって配信プラットフォームやアプリ技術の変化の影響は非常に大きく、変化の波を乗り越えられず淘汰されるサプライヤーも少なくない。そうしたなかでも同社は、成長率鈍化は見られたものの、環境変化をなんとか乗り切り持続的な売上高の向上を達成してきた。

一方利益については、2012年6月期のピーク利益を更新できない状況が続いている。また、期初予想の達成度という点では、2014年6月期においては計画を上回って着地したものの、それに続く2015年6月期と2016年6月期の2期間は期初予想に対して未達となった。ここ数年は利益成長が停滞している同社だが、その原因は、日本語版恋愛ドラマアプリにおいてヒットが出にくくなってきているなかで、次代の成長源として期待したサスペンスや英語版恋愛ドラマアプリの立ち上がりが遅れていることにある。

2016年7月に社長に復帰した津谷氏は、新規事業の収益化の遅れの原因は、株式公開のタイミングに遡るという結論に行き着いた。同社は2010年6月に東証マザーズ市場に上場し、その1年後に東証1部に指定替えとなった。このタイミングは、恋愛ドラマアプリという新市場が急拡大の時期でもあり、市場のリーダーである同社にとっては、恋愛ドラマアプリは“出せば売れる”という状況だった。その時の成功体験と制作・販売の手法をそのまま新規事業の英語版恋愛ドラマアプリやサスペンスアプリにおいても適用させたことが、新規事業が立ち上がってこない最大の原因というのが津谷社長の分析だ。そして、そうした事業の開発・立ち上げのノウハウ欠如の原因をさらに突き詰めたところ、新しい事業立ち上げ経験のある人材の不足という現実に行き当たった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
損を数万円に抑えたFXシストレ 稼ぎは3か月で40万円以上
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。