FiscoNews

【個別銘柄テクニカルショット】スカイマーク—初値水準までの調整を経て反転を意識

年明け以降は調整を継続しており、先週には一時1300円を下回る場面が見られた。昨年12月14日の初値水準まで調整を見せてきたこともあり、自律反発狙いの資金が流入しやすいだろう。先週末には長い陽線を形成して前日の陰線を吸収しており、調整一巡からの反転も意識されやすい。

<FA>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。