FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:リスク回避の円買いがただちに拡大する可能性低い

16日のドル・円は、東京市場では128円20銭から127円23銭まで下落。欧米市場では127円91銭から128円87銭まで反発し、128円56銭で取引終了。本日17日のドル・円は主に128円台で推移か。日本銀行は現行の金融緩和策を当面維持する可能性があるため、リスク回避的なドル売り・円買いがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

報道によると、中国財務省は1月16日、新型コロナウイルスの感染予防などの目的で財政支援を上積みすると発表した。財務省は地方政府の財務部門に対し、農村部や貧困地域への支払い強化を促している。財務省発表の声明によると、財政支援は主に感染者の治療、医療スタッフの一時的な労働手当、ワクチン接種、治療能力の向上などに向けられるようだ。中国政府による財政支援の上積みの効果をすみやかに測定することは難しいが、ゼロコロナ政策の段階的な撤廃によって中国本土の経済活動は拡大しつつある。17日発表の中国10-12月期国内総生産(GDP)成長率は大幅に鈍化する見込みだが、市場参加者の多くは1-3月期の数値を注目しているようだ。

<FA>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。