FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ナレッジスイート Research Memo(6):「次世代Knowledge Suite」開発等の成長投資を継続

■業績動向

2. 財務状況
ナレッジスイート<3999>の2022年9月期末の財務状況を見ると、資産合計は前期末比141百万円増加の3,431百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現金及び現金同等物が44百万円増加したほか、営業債権及びその他の債券が47百万円増加した。また、非流動資産では投資有価証券の売却により、その他の金融資産が111百万円減少したほか、使用権資産が106百万円減少した一方で、「次世代Knowledge Suite」の開発等により無形資産が217百万円増加した。無形資産残高は1,107百万円となり、資産に占める比率は前期末の27.0%から32.3%に上昇している。

負債合計は前期末比11百万円増加の2,407百万円となった。リース負債が112百万円減少した一方で有利子負債が122百万円増加した。資本合計は前期末比129百万円増加の1,023百万円となった。主に親会社の所有者に帰属する当期利益117百万円の計上により、利益剰余金が増加したことによる。

経営指標を見ると、資本合計の増加により親会社所有者帰属持分比率は前期末比2.6ポイント上昇の29.8%と5期ぶりに上昇に転じた。有利子負債比率も同11.4ポイント低下の174.1%となり、収益が黒字化したことで財務体質もやや改善した。ネットキャッシュ(現金及び現金同等物−有利子負債)は、前期にM&A等の成長投資のための資金として借入金を積み増したことで、10億円強のマイナスとなっているが、ストック型のビジネスモデルで安定した営業キャッシュ・フローが見込まれることから、財務面でのリスクは無いものと判断される。

収益性に関しては、SaaS売上収益が積み上がり利益獲得フェーズに入ったことで、2022年9月期は3期ぶりの黒字に転換し、売上収益営業利益率やROEなども大きく改善した。2023年9月期以降も成長投資を継続するが、安定収益基盤が構築できたこともあり、売上収益の成長とともに収益性も向上するものと予想される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<NS>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。