FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ソフィアHD Research Memo(6):財務の健全性は改善基調

■業績動向

3. 財務状況
ソフィアホールディングス<6942>の2023年3月期第2四半期末の資産合計は前期末比919百万円減少して7,676百万円となった。これは主に、現金及び預金が357百万円、受取手形、売掛金及び契約資産が401百万円、のれんが184百万円それぞれ減少したことによる。負債合計は同922百万円減少して5,668百万円となった。これは主に、支払手形及び買掛金が537百万円、有利子負債(長短借入金及び社債の合計)が369百万円それぞれ減少したことによる。純資産合計は同3百万円増加して2,007百万円となった。この結果、自己資本比率は同2.9ポイント上昇して26.2%となった。

自己資本比率について同社は、当面の目標として30%台を掲げており、2020年3月期末の9.9%をボトムに改善基調となっている。さらなる改善が望まれるものの、現状でも財務の健全性が懸念される水準とは言えないだろう。有利子負債の減少も進んでおり、財務の健全性は改善基調であると弊社では評価している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

<NS>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。