FiscoNews

【NY市場・クローズ】17日のNY市場はまちまち

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;33910.85;-391.76
Nasdaq;11095.11;+15.95
CME225;26250;+110(大証比)

[NY市場データ]

17日のNY市場はまちまち。ダウ平均は391.76ドル安の33,910.85ドル、ナスダックは15.96ポイント高の11,095.11で取引を終了した。1月NY連銀製造業景気指数が予想外にパンデミックに伴い経済封鎖した20年5月来で最低に落ち込んだため、景気後退を懸念した売りが先行して始まった。金融のゴールドマンサックスの低調な決算内容も重しとなり、ダウ平均は終日軟調に推移、終盤にかけて下げ幅を拡大した。一方、金利先高観の後退でハイテクの買い戻しが続き、ナスダックは小幅高で終了。セクター別では、自動車・自動車部品が上昇した一方で、電気通信サービスが下落。シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比110円高の26250円。ADR市場では、対東証比較(1ドル128.15円換算)でファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、三井住友<8316>、任天堂<7974>、三井物産<8031>、みずほFG<8411>、コマツ<6301>などが上昇した一方、ホンダ<7267>、イオン<8267>、三井トラスト<8309>、AGC<5201>などは下落するなど全体はまちまち。

<YN>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。