FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】東京為替:ドル・円は強含み、日銀の政策決定で

18日午前の東京市場でドル・円は強含み、128円10銭から一時130円80銭まで値を切り上げた。日銀は金融政策決定会合で現行の金融政策を維持すると決定。緩和修正の思惑による円買いは大きく後退し、ドルをはじめ主要通貨は対円で大きく上昇した。

ここまでの取引レンジは、ドル・円は128円10銭から130円80銭、ユーロ・円は138円21銭から140円89銭。ユーロ・ドルは1.0766ドルから1.0799ドル。

【金融政策】
・日銀:現行の金融政策を維持

【要人発言】
・日銀
「必要ならちゅうちょなく追加緩和」
「政策金利、現在の長短金利水準またはそれを下回る水準での推移を想定」
「貸出増加を支援するための資金供給の実行期限を1年延長」
「共通担保オペを拡充」
「2022・23年度は下振れリスクの方が大きい」
「物価見通し、22・23年度はおおむね不変」
「コアCPI、来年度半ばにかけてプラス幅を縮小」

<TY>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。