FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日新 Research Memo(9):約50年間減配なしで安定配当を継続する優良企業

■株主還元策

日新<9066>は「安定配当の継続」を基本方針に掲げており、1975年以降47年間にわたり減配を行っていない。また、コロナ禍の影響による旅行事業の急速な収益悪化のなかでも配当を維持している。今後もこの基本方針は継続する予定である。

2022年3月期については、前期比4.0円増配の年間60.0円の配当を実施した。2023年3月期については、業績予想の上方修正に伴い増額修正し、前期比20.0円増配の年間80.0円(中間配当金40.0円、期末配当金40.0円)の配当を予定している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 清水啓司)

<NS>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。