FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY外為:ドル再びじり安、米20年債入札好調で金利が再び低下

米財務省は120億ドル規模の20年債入札を実施した。結果で最高落札利回りは3.678%。テイルはマイナス2.7ベーシスポイント(BP)。過去6カ月平均はマイナス0.5BPだった。応札倍率は2.83倍と、過去6回入札平均の2.57倍を上回り需要は強かった。外国中銀や大手機関投資家を含む間接入札者の比率は76.25%と、過去6回入札平均の71.9%を上回った。

良好な入札結果を受け米国債は再び上昇。10年債利回りは3.389%まで再び低下した。ドル・円は129円近くまで上昇したのち、128円70銭へじり安推移した。

<KY>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。