FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】日経平均は405円安、引き続き米経済指標などに関心

日経平均は405円安(14時45分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>などがマイナス寄与上位となっており、一方、バンナムHD<7832>、KDDI<9433>、資生堂<4911>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、輸送用機器、鉱業、保険業、非鉄金属、ガラス土石製品が値下がり率上位、空運業、小売業、海運業が値上がりしている。

日経平均は小動きとなっている。米国では今晩、22年12月の米住宅着工件数、1月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数が発表される。また、日本時間の明朝には、ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁の講演が予定されている。企業決算では、ネットフリックス、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)などが22年10-12月期決算を発表する。

<SK>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。