FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】日経平均は86円高、円安・ドル高や堅調な海外株が東京市場の株価支援要因に

日経平均は86円高(13時1350分現在)。日経平均寄与度では、ダイキン<6367>、ファーストリテ<9983>、KDDI<9433>などがプラス寄与上位となっており、一方、エムスリー<2413>、東エレク<8035>、キッコーマン<2801>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、空運業、鉄鋼、鉱業、海運業、保険業が値上がり率上位、その他金融業、その他製品、ゴム製品、証券商品先物、精密機器が値下がり率上位となっている。

日経平均は底堅い動きとなっている。今日は取引開始後に円安・ドル高方向への動きとなっていることに加え、ダウ平均先物や中国株が底堅く推移していることが市場の安心感となっているようだ。

<SK>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。