FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY外為:ドル・円再び130円割れ、ドル買い後退、22年通年の中古住宅販売は08年来で最大の下落率

 NY外為市場では米12月中古住宅販売件数が12年ぶり低水準となったためドル買いが後退した。2022年通年の販売件数は前年比17.8%減と、下落率は2008年来で最大を記録。ドル・円は130円61銭の高値から129円74銭まで反落。ユーロ・ドルは1.0802ドルの安値から1.0836ドルまで反発した。ポンド・ドルは1.2336ドルの安値から1.2395ドルまで反発。

米国債相場は続落。米連邦準備制度理事会(FRB)高官のタカ派発言を受けて売られ、10年債利回りは3.489%まで上昇した。

<KY>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。