FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】NY債券:米長期債相場は弱含み、イールドカーブはスティープニング

20日の米国長期債相場は弱含み。イールドカーブの平坦化を想定した取引は縮小し、ポジション調整的な長期債の売りが観測された。

CMEのFedWatchによると、20日時点で2月開催のFOMC会合で、FF金利の誘導目標水準が4.50-4.75%となる確率は99%程度。3月開催のFOMC会合で、FF金利の誘導目標水準が4.75-5.00%以上となる確率は80%程度。10年債利回りは、アジア市場で3.388%近辺まで低下したが、ニューヨーク市場の後半にかけて3.499%近辺まで反発し、取引終了時点にかけて3.479%近辺で推移。

イールドカーブは、スティープニング気配。2年−10年は-68.60bp近辺、2−30年は-51.40bp近辺で引けた。2年債利回りは4.17%(前日比:+6bp)、10年債利回りは3.48%(前日比+8bp)、30年債利回りは、3.65%(前日比:+8bp)で取引を終えた。

<MK>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。