FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】株ブロガー・さなさえ:【さなさえ流】素直なチャートとわかりやすい材料・テーマで選ぶ株【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「さなさえ」氏(ブログ:『さなさえの麗しき投資ライフ』)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------
※2022年1月20日9時に執筆

おはこんばんちは。熱燗で暖を取る事に、えも言われぬ快感を感じる今日この頃…皆様お元気でしょうか。株ブログ『さなさえの麗しき投資ライフ』の筆者、さなさえと申します。

さて、今年から執筆させて頂いている当アラフォー女性投資家雑記も第3回目。今回は「素直なチャートとわかりやすいテーマで選ぶ株」と題したコラムと、ここ最近の注目株をご紹介していきます。

<わたしが選ぶ株とは?>
あくまで今回ご紹介するのは、わたしの投資スタイルの一つですが、短期~中期で利幅を得る手法をとります。じっくり持つというより、2桁(%)の利幅を得たところで利益確定をし、再び次の銘柄に乗り込んでいく事を、コツコツと積み重ねるイメージです。その銘柄を選ぶ時はチャートが素直に綺麗な右肩上がりになっているものです。何故ならばそれが、「売られても買われる」強いトレンドを秘めている事を表しているからです。そういった銘柄の押し目を狙っていくのも手法です。

そしてわたしはブログの特性上、短期間に値幅が出る中小型株を中心に手掛けていますので、なるべくならば個人投資家にとってわかりやすいテーマ性や材料発表があった銘柄を選ぶようにしています。例えばゲーム関連ではDL数の多さや期待されるタイトルの世界展開への期待、さらにグロース・ニッチ企業が大手との資本業務提携の発表など、一般的にイメージが伝わりやすいものが多いです。バイオ株や特殊技術などの専門性が高い銘柄の材料発表などは買いが続かない場合が、ここまでのわたしの経験上では多く、やはりわかりやすいテーマや材料性を選ぶように心がけています。

<直近の注目株は?>
さて、そんな条件も加味したここ最近の注目株と言えば、例えばサスメド<4263>。厚生労働省薬事・食品衛生審議会プログラム医療機器調査会で、同社の不眠障害治療用アプリへの思惑があって高騰しましたが、実際に承認が了承された折には出尽くし的に売られました。しかし、その後も同アプリへの期待からか下値を切り上げる動きを見せています。

続いてそのまんま、「チャートが右肩上がり」と言えばステンレス鋼の専門商社で、水素関連としても注目されるUEX<9888>は、好調な業績に加えて、割安な株価が買いを誘っているようです。さらにITインフラストラクチャーにおける各種コンサルを手掛けるボードルア<4413>も、業績も伴う旺盛な企業ニーズを受けるITコンサル関連として、上値追いの展開に期待です

お次は直近IPOから、先端・高度技術の人材派遣関連として上昇トレンドを継続するジャパニアス<9558>は強い人気を維持しています。また個人的にはここ最近反発してきているAtlas Technologies<9563>は、フィンテックコンサルティング会社としての目新しさに加え、その成長性に注目する向きも多いようです。

そしてテーマ・セクターとして半導体などのエレクトロニクス系専門商社にも注目しています。伯東<7433>は凄まじいまでの上昇トレンドですねぇ。兼松<8020>も株価はまだまだ割安です。電子部品専門商社であるダイトロン<7609>や丸文<7537>も割安さに加えて、次なる決算にも思惑・期待がありそうです。

上記以外にもまだまだチャートと共に、人気化しているテーマ性を内包した銘柄はたくさんありますので、また折を見てご紹介しますね♪

ここ最近のわたしのブログでは、前述した注目株以外にも「さなさえのひとり株1GP」として注目銘柄をピックアップして、毎月その値幅を計測しています。ご興味があれば覗きに来て下さい。株の情報以外にも、アラフォー独身女子の生態と生き様が垣間見られるかもしれません…怖いもの見たさでもどうぞ (笑)

ではでは。Have a nice trade.

----
執筆者名:さなさえ
ブログ名:『さなさえの麗しき投資ライフ』

<TY>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。