マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国:黒竜江で大規模グラファイト埋蔵確認、アジア最大10.26億トン

2016年11月22日 10:24

黒竜江省東部の鶴崗市でアジア最大規模のグラファイト(石墨または黒鉛)埋蔵が確認された。鶴崗市の夢北県で発見。過去4年にわたる探査の結果、「夢北雲山石墨鉱」の資源量は10億2600万トンに達していることが判明したという。鶴崗市政府が21日に公表した内容として、中国新聞網などが伝えた。
黒竜江省のグラファイト資源は潤沢。埋蔵量ベースで世界全体の45%、中国の64%を占める。「グラファイトの都」と呼ばれる夢北県に多くが埋蔵。なかでも夢北県雲山鎮に集中している。1984年までの地質調査では、夢北雲山石墨鉱の埋蔵量は6億3600万トンとされていた。
中国政府はグラファイトの応用を幅広く進める計画。グラファイトを炭素原子シート状に加工したグラフェンは、強度や熱伝導性などに優れる。新エネルギー、化学工業、エレクトロニクス、航空・宇宙の各産業に幅広く応用可能だ。
専門家によると、グラフェンは半導体分野に限っても多大な潜在力をもつ。ケイ素を加工したウエハのうち、10分の1がグラフェンに置き替えられただけで、その市場規模は5000億人民元(約8兆円)を超える。他の産業向けを加えた場合、1兆人民元を上回る市場に成長する見込みという。

【亜州IR】

<ZN>

fisco
  • 働く世代にうってつけのFX? 取引はすべてお任せの「フルオート」を解説
  • 米ドル金利上昇でブーム再来か 金利収入が毎日入る「FXスワップ投資」を解説
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。