FiscoNews

【日経225・本日の想定レンジ】上昇、一目均衡表は三役逆転解消へ

[本日の想定レンジ]
週明け23日は米NYダウが254.07ドル高の33629.56、ナスダック総合指数が223.98pt高の11364.41、シカゴ日経225先物が大阪日中比275円高の27155円。本日の日経平均は上昇が予想される。昨日はローソク足がマドを空けて小陽線を引き、高値は26938.28円と節目の27000円を射程に収めた。株価下方で上昇中の5日移動平均線が25日線を下から上に抜いたこともあり、地合いは急速に強気側に傾いてきた格好。一目均衡表では上向きの転換線が短期的な上昇圧力の高まりを窺わせている。本日終値がシカゴ日経225先物にサヤ寄せした場合、雲下限(27062.13円)を上回って三役逆転の総弱気形状を返上することになり、短期上昇トレンドの延長が期待できよう。

[予想レンジ]

上限27350円−下限27000円

<TY>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。