FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆ユーロ・円は主に142円を挟んだ水準で推移する可能性

ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後137円50銭(2018/2/2)まで買われたあと、長く伸び悩んだが、政策金利の引き上げなどによって148円40銭(2022/10/21)まで上昇。欧州中央銀行(ECB)は年内に複数回の利上げを実施する可能性が高い。金融引き締め策を長期間維持する可能性があるため、日欧金利差拡大を想定したユーロ買いが観測された。新たなユーロ売り材料が提供されない場合、ユーロ・円は主に142円を挟んだ水準で推移する可能性がある。

【ユーロ売り要因】
・欧州におけるエネルギー供給不安
・欧州諸国の財政悪化、景気後退入りのリスク増大
・日銀は現行の金融緩和策を修正する可能性

【ユーロ買い要因】
・ECBによる追加利上げで日欧金利差拡大予想
・ユーロ圏のインフレ率は高止まりの様相
・米国の利上げペースは減速

<CS>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。