FiscoNews

【注目トピックス 日本株】前日に動いた銘柄 part2 日本電産、ナカボーテック、テラプローブなど

銘柄名<コード>24日終値⇒前日比
レノバ<9519> 2287 -125
東電の値上げ申請が原発推進につながるとの思惑も。

しまむら<8227> 12160 -440
1月既存店は4カ月連続増も伸び率は鈍化。

トレジャー・ファクトリー<3093> 2141 -89
23日の戻りの鈍さも意識で見切り売りが優勢。

アダストリア<2685> 2121 -48
気温要因による1月の既存店売上動向に警戒も。

北の達人<2930> 311 -13
23日は長い上ヒゲ残して伸び悩み。

レオパレス21<8848> 312 -7
9月に環境省の立ち入り検査受けたと伝わる。

日本電産<6594> 7551 +215
決算発表控えて期待感も先行か。

ナカボーテック<1787> 5150+675
一転増益見通しへの上方修正がインパクトに。

サンオータス<7623> 635 +100
電動キックボード関連として関心続く。

阿波製紙<3896> 693 +100
短期資金による値幅取りの動きが集まる格好で。

テラプローブ<6627> 2198 +200
半導体関連株高も支援に大幅増配評価の動き優勢。

リード<6982> 701 +59
サンオータスの株価上昇が刺激にも。

セルシード<7776> 361 -14
新株予約権の行使完了、変形性膝関節症治療法の安全性確認も引き続き材料視。

シャノン<3976> 885+150
キヤノンMJとメタバースイベントプラットフォーム販売で提携。

ファンペップ<4881> 162 +2
23年12月期第1四半期に営業外収益0.39億円計上へ。

モルフォ<3653> 1031 +150
「富岳」上での深層学習による高解像度銀河形成シミュレーションの高速化PJに
『SoftNeuro』を提供。推論時間の約19.2倍の高速化、約93%の電力量削減を実現。

メドレックス<4586> 133 +3
連日の急伸、24日は同社の他、バイオ関連に資金流入散見。

アジャイル<6573> 255 -16
23日の急伸に対する反動。

ブティックス<9272> 3845 -290
SOMPOケアおよび損害保険ジャパンと業務提携と発表、反応は限定的。

さくらさく<7097> 840 -57
直近の上昇に対する短期的な利益確定の動きが優勢。

サイフューズ<4892> 1224 +116
直近IPO銘柄、大幅な調整で値ごろ感か。

ウェルスナビ<7342> 1413 +33
同社などグロース市場の主力処は概ね堅調。

<FA>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。