FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:米1月PMI予想上振れもリセッションリスク高まる、他国に劣る成長

米1月製造業PMI速報値は46.8と、12月46.2から低下予想に反し上昇した。しかし、3カ月連続で活動の拡大と縮小の境目となる50割れで、活動縮小となった。また、1月サービス業PMI速報値も46.6と、12月44.7から予想以上に上昇し、昨年10月来で最高となった。しかし、やはり7カ月連続で50割れ、活動縮小とリセッション域。1月総合PMI速報値は46.6と、12月45.0から予想以上に上昇し、10月来で最高。しかし、7カ月連続で50割れの活動縮小域となった。

企業は高インフレの影響で、依然顧客需要が抑制されているとしている。統計を作成しているS&Pグローバルマーケットのチーフエコノミストは、「米国経済は23年に入り軟調で始まった。ビジネス活動は12月に比べて緩やかなペースだが、1月も依然急激に縮小。製造業やサービス業の活動は、世界金融危機以降で最も急速に減速している」と悲観的な見方を示した。雇用の伸びも鈍化。1月の雇用は前年を通し見られていた数字に比べ弱まっていると、指摘。歴史的な基準に比べ、全般的なビジネス信頼の水準は依然抑制されていると、警告した。企業は人手不足や供給不足と同時に、高いコスト、金利の上昇などを懸念している。

年初の経済活動の減速に加え、賃金の上昇圧力に絡んだインプットコストインフレの上昇が加速しており、景気後退リスクが上昇する中、FRBの利上げが想定以上に継続するリスクを警告した。

欧州や日本のPMIは成長を示す50を回復する一方、最終的に世界の中でも米国経済が一番劣っており、ドル売りを誘う。

■各国PMI
・ユーロ圏・1月製造業PMI速報値:48.8(予想:48.5、12月:47.8)
・ユーロ圏・1月サービス業PMI速報値:50.7(予想:50.2、12月:49.8)
・英・1月製造業PMI速報値:46.7(予想:45.4、12月:45.3)
・英・1月サービス業PMI速報値:48.0(予想:49.6、12月:49.9)
・米・1月製造業PMI速報値:46.8(予想:46.0、12月:46.2)
・米・1月サービス業PMI速報値:46.6(予想:45.0、12月:44.7)
・米・1月総合PMI速報値:46.6(予想:47.0、12月:45.0)
・日本・1月じぶん銀複合PMI:50.8(12月49.7)
・日本・1月じぶん銀製造業PMI:48.9(12月48.9)
・日本・1月じぶん銀サービス業PMI:52.4(12月51.1)

<FA>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。