FiscoNews

【注目トピックス 日本株】鎌倉新書—神奈川県藤沢市の自治体DXに参画

鎌倉新書<6184>は24日、神奈川県藤沢市より「AIチャットボット」の導入委託事業を受託したことを発表。同社は、この取組みへの参画を通し、同市の市民サービスの向上及び職員の事務負担軽減を図ることに貢献する。

現在、藤沢市では、様々な経路で多数の問い合わせを受けているため、問い合わせに対応する職員の事務負担が大きいとともに、市民にとっても分かりづらいことが課題となっている。同市では、DXの一環でオンラインの問い合わせ対応を強化すべく「AI チャットボット」を導入することとなった。

同社は、全国250超の自治体と提携(2023年1月時点)し、住民の終活に関する悩みを解決することで、明るく前向きな社会を実現することを目指している。

今回の藤沢市との取組みにおいては、おくやみハンドブック制作で培った「住民が必要としている情報を整理し、わかりやすく伝える」という知見を活かし、一般的な問い合わせの回答だけでなく、おくやみ・終活の回答を充実させたチャットボットの構築を通して、同市に協力する。

同社は、今後もおくやみ・終活関連の質問を含む多くの回答を追加し、さらなる機能向上に努め、同市の業務負荷を軽減すると共に住民サービスの満足度向上に貢献する。

<NS>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。