FiscoNews

【オープニングコメント】買い一巡後はこう着も、FOMCを控えて買戻しの動きが強まる可能性

 26日の日本株市場は、やや買い先行で始まった後は、こう着ながらも底堅さが意識されそうである。25日の米国市場はNYダウが9ドル高だった一方で、ナスダックは20ポイント安だった。ボーイングやマイクロソフトの予想を下回る決算に失望した売りが先行し、NYダウは一時460ドルほど下落する場面も見られた。ただし、その後はカナダ中銀が金融政策決定会合で予想通り利上げを決定し、その後、次回会合で金利を据え置く可能性を示唆すると、国内の金利ピーク期待も強まり買戻しの流れとなった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円高の27390円。円相場は1ドル129円50銭台で推移している。

 シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、やや買い優勢の展開から始まることになりそうだ。日経平均は昨年12月の日銀会合後の急落部分を埋めたほか、昨日の上昇で昨年1
2月19日の下落で空けたマドをほぼ埋めており、いったんは達成感が意識されやすい。
決算発表が本格化するなかで積極的な売買は手控えられやすく、買い一巡後はこう着感が強まりそうである。

 ただし、日経225先物はナイトセッションで75日線が支持線として機能する格好から、押し目買い意欲の強さが窺える。また、カナダ中銀が次回の会合で金利を据え置く可能性を示唆したことにより、米国において利上げピーク観測が強まっている。米国では週末のPCEデフレーターの発表を控えているほか、来週の米連邦公開市場委員会
(FOMC)を控えて買戻しの動きが強まる可能性があるため、ショートカバーが入りやすい需給状況であろう。

 そのため、利食いが強まる局面においては、押し目狙いでの買いで対応したいところであろう。主要企業の決算次第ではリバランスの動きが強まる可能性はあるものの、日経平均の27500円が射程に入るなか、節目の28000円が次第に意識されやすいところでもあり、出遅れ感のある銘柄などへは修正リバウンドを狙った動きなども見られよう。

<AK>

fisco

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。