マネーポストWEBマネーポスト公式サイト
ヒロセ通商
最新FX自動売買を8選!おすすめは短期・中長期で運用可能なツール> FX自動売買おすすめ通貨ペア 選び方の基準と投資家の秘訣も紹介

FX

FX自動売買おすすめ通貨ペア 選び方の基準と投資家の秘訣も紹介

公開日:2018年3月19日 10:00
最終更新日:2021年6月21日

 発注系・リピート系の自動売買においては、通貨ペア選びも運用の成否に関連する。ここでは、FX自動売買の「狙い目」通貨ペアと通貨ペアを選ぶ基準を紹介する。また、最後には自動売買トレーダーの通貨ペア選びの参考意見も掲載する。

    【目次】

  1. 1.FX自動売買の取引通貨ペア「おすすめの基準」は?
    1. 【中長期運用向け】レンジ相場が数年続いている通貨ペア
    2. 【短期運用向け】トレンドが出ている通貨ペア
  2. 2.FX自動売買の「狙い目」通貨ペアを厳選
  3. 3.FX自動売買トレーダーは通貨ペアをどう選んでいる?

FX自動売買の取引通貨ペア「おすすめの基準」は?

 発注系・リピート系の自動売買で「狙い目」となる通貨ペアは2つの基準で選ぶことができる。

【中長期運用向け】レンジ相場が数年続いている通貨ペア

ドル円の長期価格推移
ドル円の長期価格推移
(画像はトライオートFXのチャート、クリックすると拡大)

 数年単位の中長期で発注系・リピート系の自動売買を運用するなら、レンジ相場が長く続いてる通貨ペアが検討できる。例えば上記画像でドル円の価格推移を観察すると、2016年以降は、1ドル=約100~120円に収まっていることがわかる。

 こうした「価格変動の幅」が長い間、一定の幅で収まっていた通貨ペアの場合、今後もその価格幅で推移するなら、自動売買を仕掛けやすい。中長期の自動売買を行う場合、このような観点で通貨ペアを絞り込むことができる。通貨ペアの価格推移を確認するときは、必ず月足などの長期チャートで5年以上は確認しておこう

【短期運用向け】トレンドが出ている通貨ペア

豪ドル円の短期価格推移
豪ドル円の長期価格推移
(画像はループイフダンのチャート、クリックすると拡大)

 短期的に自動売買を運用する場合は、トレンドが出ている通貨ペアを狙うことができる。例えば豪ドル円は2018年頃の1豪ドル=80円台から2020年の3月には1豪ドル=60円台まで下落している。ここで自動売買を仕掛けた場合、何度も取引するため、売りポジションを1つ保有するよりも効率的に利益を狙えた。

 豪ドル円以外でも3か月程度で、上昇・下落のトレンドが現れている通貨ペアなら、自動売買で狙える通貨ペアとなる。ただし、トレンドが終わったとき、または終わりそうなときに、自動売買をストップさせる必要がある。そのままほったらかしにして、相場が思惑と逆に向かえば、損失が膨らむため、短期で自動売買を運用する場合は、相場転換点を見極める能力も求められるので注意しておこう

FX自動売買の「狙い目」通貨ペアを厳選

 先ほど紹介した通貨ペアの選考基準をもとに、狙い目通貨ペアを紹介する。ただし紹介する通貨ペアは2021年6月21日時点であり、あくまで通貨ペア選びの参考情報なので、実際に取引する場合は、必ず相場の状況をチェックした上で運用するかどうかの検討をするように

 また、自動売買の設定に関しては、「FX自動売買の設定を決める方法と過去実績の良い設定の使い方」も参考に。

レンジ相場の通貨ペア

【レンジ相場の通貨ペア】

豪ドルNZドル(AUD/NZD)

 レンジ相場の通貨ペアは豪ドルNZドルがピックアップできる。今後もレンジ相場で続くかはわからないが、ここ数年はレンジ相場を描いている。

豪ドルNZドルの状況

豪ドルNZドルの長期価格推移
豪ドルNZドルの長期価格推移
(画像はトライオートFXのチャート、クリックすると拡大)

 オーストラリアとニュージーランドの通貨で構成される「豪ドルNZドル」は、上のチャート画像のとおり、レンジ相場で推移していた。目先のドル高の勢いも豪ドルとNZドルには大きく影響していないようで、「FX自動売買でレンジ相場の通貨ペアを狙う」という戦略をとった人にとっては、嬉しい値動きだろう。

 2021年6月時点では2014年以降のレンジ相場の中心付近で推移しており、目先ここ数年のレンジ下限を簡単に下回ることは予想しづらい。資金管理には注意しながら、取引を検討することも可能だろう。

>豪ドルNZドルで中長期の自動売買運用ができるFX会社をピックアップ

トライオートFX(インヴァスト証券)

トレンド相場の通貨ペア

【トレンド相場の通貨ペア】

  • ユーロドル(EUR/USD)
  • ドル円(USD/JPY)
ドル円2020年夏頃からの価格推移
ドル円2020年夏頃からの価格推移
(画像はトラリピのチャート、クリックすると拡大)

 4月に入ると、3月までのドル高は一端終了し、ドル安に移行するかと思われたが、6月のFOMCにてまた状況は変わった。テーパリング議論が行われるのではという観測が浮上し、ドルインデックスは急騰。ドル円相場は5月以降は方向感のない動きをしていたが、ドルインデックス(DXY)が上昇したことで、今後は底堅く推移する可能性がある。

 ユーロドルは3月まではドル高の影響を大きく受け下落していたが、4月以降は上昇。しかし6月のFOMC以降は急落し、1ユーロ=1.20ドルも割った。その他のポンドドルや豪ドル米ドル、NZドル米ドルといったドルストレートも直近は下落している。ただし今後のFRBの方針によっては、再度ドル安に傾く可能性も否定できないため、ドル高相場再開とは決めつけられないだろう。

 トレンドを狙う取引を検討する場合、ユーロドルやドル円、ドルインデックスの値動きをもとに目先のドルトレンドを判断し、適宜戦略を練った方が賢明かもしれない。

 相場のテーマは新型コロナウイルス関連だけではなく、政治的要因も増えてきそうなので、短期目的でFX自動売買を行うなら、取引の開始やストップが行いやすい少額運用にするなど、柔軟に動けるスタイルが良いと思われる。

>ドル円で短期の自動売買運用ができるFX会社をピックアップ

ループイフダン(アイネット証券)

FX自動売買トレーダーは通貨ペアをどう選んでいる?

 FX自動売買のトレーダーが語る「通貨ペア選び」のポイントも紹介する。

トラリピトレーダー「鈴」さんの着眼点

 個人投資家の鈴さんは、FX自動売買のトラリピを利用している。トラリピは「中長期向け」の運用が得意で、ほったらかしの自動売買FXを実践したい人におすすめ。

【30代個人投資家「鈴」さんの通貨ペア選びの着眼点】
 私は、さらにパフォーマンスを上げるために、複数の通貨ペアでトラリピを行っています。

 例えば、ドル/円と豪ドル/円と豪ドル/ドルの3通貨ペアでトラリピを行えば、円高局面でドル/円と豪ドル/円が下落しても、豪ドル/ドルには影響はなく、2通貨分のリスクで済みます。

 一方、利益が取れる場面では3通貨分取れるので、効率が良くなります。どの通貨ペアの組み合わせが良いのか、実験を重ねた結果、ある程度分かってきました。(中略)

 トルコリラ/円のように、超長期で下落トレンドが続いている通貨ペアだと、10年前の高値に戻る可能性は限りなく低い。ドルやユーロ、豪ドルなど、世界中で使われていて、レンジ相場を形成している通貨ペアがトラリピに適しています

FXトラリピで月22万円儲かる元サラリーマン投資家に秘訣を聞く」より

トラリピトレーダー「あっきん」さんの着眼点

 あっきんさんもトラリピを利用している。2006年ごろから「レンジ相場に着目したトレード」を実践しているという。

【ブロガー「あっきん」さんの通貨ペア選びの着眼点】
 中長期のトラリピ運用は行う場合は、チャートも長期間のものを見なければいけません。

 10年以上運用するなら、リーマン・ショックなど、ここ十数年で起こった大暴落や、最安値をチェックして、ロスカットのラインを、それより下に設定することを考えます。

 これさえ出来ていれば、当面ロスカットは防げるはずです。

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは」より

まとめ

 FX自動売買の通貨ペア選びの参考を紹介してきたが、「相場状況に応じて通貨ペア選びは変化する」ということがわかっただろう。「この通貨ペアがおすすめ!」と紹介されていても、安易に運用を始めない方が賢明だろう。

 自動売買の運用を本気で検討するなら、自動売買ツールの特性を理解し、通貨ペアの特徴も調べ、自身で納得した上で取引を始められるようにしたい。自動売買の設定に関しては「FX自動売買の設定を決める方法と過去実績の良い設定の使い方」も参考に。

FX自動売買ツールの関連記事

FX自動売買ツールの関連記事


  • トラリピバナー
  • FX自動売買ツールをピックアップ
    トライオートFX
    トライオートFX
    長期・短期のどちらの運用にも対応可。自動売買の設定選びを補助する「自動売買セレクト」機能が特徴
    使い方や特徴はこちら>
    トラリピ
    トラリピ
    元祖「ほったらかしFX」。中長期で自動売買を始めたい人・シンプルな操作性を求める人に向く
    使い方や特徴はこちら>
  • SNSでマネーポストWEBをフォロー

    • facebook:フォローする
    • twitter:フォローする
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失を被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。